沖ドキ! 南野カナに魅せられて〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ボーナスAT中予告音発生時の押し方紹介

<<   作成日時 : 2017/02/02 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月2日(木)の実戦

今日も実戦はしてきたのですが、そちらは収支報告のみと
させていただいて、タイトルの内容をお知らせしたいと思います。

なぜそうなったかの経緯をお話ししますと、
昨日コンビニで某パチスロ攻略雑誌を購入しました。そこには
「沖ドキ理論値系マニアックネタ」と記載があったので、それに期待して。

で、内容を確認したのですが、AT中の押し方の記載があり、
予告音発生時(ナビ無し)に右から押すというものでした。
実は自分も右から押す派だったので興味津々だったのですが、
その内容ではおかしな点があったため、それを正す意味で
私流のやり方をお知らせをさせていただきます。
もちろん、攻略雑誌の会社には抗議のメールを送らせてもらいました。

という事で早速。AT中の予告音発生時(ナビ無し)ですが、
今回お知らせするのが有名な中リールからではなく、
右リールから押す方法です。実は昔何かの雑誌か動画で「ガル増」さんが
言っていたのですが、それを参考にさせてもらいました。

で、右リールのどこを押すのか、という点ですが、リール配列を見ると
画像

ボーナス図柄付近以外は配列は変化がありませんので
ボーナス図柄を避けて押す事が出来ればどこでも大丈夫です。
ちなみに私は、ボーナス図柄が来る前に押してます。
※この点が全く違っていた点でした・・・

で、押した後に止まる形ですが、3パターンしかありません。
まず一つ目。
画像

成立役 角チェリー、確定役(左リール下段BARの形)


中リールを止めると・・・
画像

これで角チェリーです。中リール中段にリプレイが止まらない時は確定役です。


次に二つ目。
画像

成立役 スイカ、確定役(左リール上段スイカの形)


中リールを止めると・・・
画像

これでスイカです。しかしBAR絵柄か7絵柄は枠内に止める必要があります。
もし上段にその絵柄が止まった場合は、残念ながら取りこぼしです。
確定役の場合は、中段にBAR・7絵柄が止まります。
※ちなみに右・中と止めた場合のスイカは左リールは取りこぼさないので
 狙う必要はありません。フリーで押して大丈夫です。


最後。三つ目。悶絶出目です(見た目普通だけどw)
画像

成立役 中段チェリー、確定チェリー、リプレイ(カナ点灯)
※リプレイの時は中段にリプレイが揃います。
 中リール中段にリプレイが無かったらガッツポーズ!!です。

といった感じです。メリットとしては、

1.右リールの目押しは超簡単(ボーナス図柄を避けるだけ)
2.スイカの場合、左リールはフリー押しでオッケー

楽しみとしては、三つ目以外の出目でも確定役の可能性があるので
中リールを押した時の驚きが常に期待できるという所ですね。
まあ、確率が低いのでごくまれにしか起きませんw

以上となります。中リールBAR狙いも中段に止まるとインパクト抜群なので
結構やられている人も多いですが、早めに押しちゃうとスイカの取りこぼしに
なる事もあるので、右リール押しは私的にもお勧めです。

なんといっても最強出目がいかにも普通の出目なので、他の人が
わかんないんですよね。一人でほくそ笑みながら喜ぶにはもってこいですw
もし興味があったら試してもらえるとうれしいです。


「今日のレア役:ゼロ!」
何も引けないとキツイわー

〜 今日の結果 〜

投 資 3000枚  回 収 2300枚
 

〜 トータル 〜
+17050枚

何気にジリジリとプラスが減っていってるので、
明日は何としてもプラスで終了したいです! 頑張ります。










ソー・ファー
ビクターエンタテインメント
ラスマス・フェイバー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソー・ファー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボーナスAT中予告音発生時の押し方紹介 沖ドキ! 南野カナに魅せられて〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる